FC2ブログ

boke のテスト

sora氏に送った計算機にF4.9 焦点距離17.9と入力してください。
被写体距離は50cmです。

下の写真は、被写体距離が40cm 60cm 80cmです。
ボケの違い、わかりますか?

moesoracam2012NIKONDSCN3961.jpg
moesoracam2012NIKONDSCN3963.jpg
moesoracam2012NIKONDSCN3964.jpg
関連記事


スポンサーリンク



下のバナーをクリックしていただけるととてもうれしいです。
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村





テーマ : 空の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ソラスキー先生 こんばんは
数値 チャ っと変わりました

ボケの違い ニュアンス分かります
分かり易く葉っぱの色まで ありがとうございます
実際に撮ってみたいです

このカメラは多様ですが
今使っているのは オート マクロ
Mという絞り等を好きに調整できる機能が主です
色調をコントロールするまでは至らず
なかなか辿り着けていません
明るくなるか 暗くなるか 溜息です
まずは 自分の目で見えた色の再現から と考えていました
取説ですね 目を通します

素晴らしい写真が添付されています
また後日コメントさせてください
文面においては 堅いも砕きも慣れています
先生こそ お疲れを残されません様に
普段通りでお願いいたします

ピーピー具合 もう大丈夫ですか ご自愛ください
いつもご親切にありがとうございます

Re: No title

こんばんわsora様。

PCが違うので変換とかいろいろ失礼するかもしれません。
ソラスキーは専用PCです。

私の良く使うP300と、sora氏のサイバーショットは、
センサーサイズが同じものです。
焦点距離とF値が同じであれば、大体似たようなボケ具合になると思います。
レンズの特性もあります。

Mモードで撮影する場合、露出をただ下げただけでは、
暗い写真にしかなりません。
加えて、ホワイトバランスを弄る必要も出てきます。
ホワイトバランスの設定を、暖色にするか、寒色にするかで、
夕暮れのイメージが全然違います。
彩度は、ピクチャースタイル等で変更できると思います。
一度、数値を最大、最小の両方に振り分けて撮影すると、
色の違いをイメージしやすくなります。

展示会用等は印刷を考慮してやや明るめにします。
ブログ様は、やや明るさを落としてPCのモニターで見たときに、
最適な絵が得られるように調整しております。

ご自身でみた色の再現をする場合、
カメラのダイナミックレンジが圧倒的に不足しておりますので、
HDRモードでの撮影を推奨いたします。
HDR=ハイダイナミックレンジ 
ダイナミックレンジとは、センサーが記録できる情報の範囲です。
HDRの場合、露出が少ないくらい写真で、空の階調を記録して、
その後で露出の高い写真で、地面などの暗い部分を明るく移して記録します。
異なる露出の写真で、目で見たイメージを再現するのです。

普通に撮影した場合、空の色が飛んで白くなるか、地面が黒くつぶれるかのどちらかであり、
正しいイメージの撮影は不可能なのです。

私がレタッチを行うのは、つぶれてしまった部分の復元や、
白く飛んでしまった空の色の復元に使います。

ただ、それだけでは物足りない誰もが見ている空となってしまうため、
WBや彩度にふりかけをかけて、味付けします。

自然な空の色も、意図して描き出した色も、どちらもすばらしいものです。
どうぞ、sora様の気の向くままの、素敵なお写真を撮ってくださいませ。


プロフィール

HMS

Author:HMS
日本大好き。
友人から譲ってもらった
P300は引退の事です。
さらに友人はGF1を
3ユーロで譲ってくれました
ありがとう。

chromeブラウザ推奨
画像大きいので重いヨ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
黄昏人
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる